猫の肝臓まとめ

猫の肝臓まとめ

猫の肝臓まとめ記事一覧

猫の肝臓【altが高い場合は?GPTも高い?】

ALTは肝細胞内に存在する酵素であり、肝細胞の障害により、血液漏れ、高価です。これ血液多ければ肝臓組織の破壊程度が大きいこと(幹細胞が破壊されたもので、酵素が血液中に溶けているということですはい)間の状態を表示するための指標となっています。すなわち、この数値が高いということは、肝細胞を破壊する程度が...

≫続きを読む

猫の肝臓【アンモニアが原因で高いのか?】

猫の肝性脳症は肝機能不全により血液の成分が変化して、脳に障害を与えてしまった状態を指します。肝性脳症は、既存の肝機能の低下に血液中のアンモニアなどが増加して発症すると考えました。肝臓の機能が正常に動作しない場合、血液の成分アンモニアと肝性脳症に関係している成分の値が高くなります。アンモニアは毒性にな...

≫続きを読む

猫の肝臓はサプリで圧倒的に良くなる?

醤油用補助食品のオリゴ法水に粉を溶かした後、注射器で猫の口に直接洗う。しかし、かなりの「書いた」ので、猫が嫌いなかもしれない。もう一つは、缶詰などの柔らかく湿った餌に混ぜて与える方法。サプリの主要な部門にBCAA体内で合成できない必須アミノ酸のうち、バリンロイシンイソロイシンの総称です。肝機能を助け...

≫続きを読む

猫の肝臓【治す画期的な方法とは?】

私の大事な家族のミケが肝炎になってしまいました。健康はあるが、食欲はなく、少しずつ食べている状態です。昨日から入院して点滴注射などしていくのですがうまくいくか心配です。細菌感染や胆管肝炎(接続されている見落とさ胆管の炎症を起こすもの)、脂肪肝、FIPなども膵臓と小腸との関連が起こる場合もあり、効果的...

≫続きを読む

猫の肝臓【治療するならもっとも効率いい方法とは?】

まずは、猫がかかる肝疾患にはどのような種類があるのか??を分かりやすく説明します!●肝炎と肝硬変肝臓は、体内で最も大きな器官で胸とお腹を分ける横隔膜の倍側接した位置にあります。心臓から送られてくる血液の約4分の1が肝臓に供給されます。肝臓は総肝臓管に胆嚢続いてまた胆嚢から十二指腸に総胆管が増えていま...

≫続きを読む

猫の肝臓【食事で改善することは容易にできる?】

肝臓は、栄養素の分解、合成、保存を行ったり、体の中の毒素を分解して無毒化するなど、さまざまな重要な作用をする機関です。肝機能に予備能力(余力)が高く、再生能力が高い長期です。したがって損傷があっても、症状が表示されず、症状が出た時はかなり進行していることもあります。したがって、「沈黙の臓器」などと呼...

≫続きを読む

猫の肝臓数値を下げる方法とは?

肝疾患の指標とすることは、血中ALT(GPT)とAST(GOT)、ALKP、LDH5などの数値の上昇が報告され、「簡易悪い」です。これら幹細胞の酵素であるが、細胞が損傷を受けると、そこから漏れ出てくるので、肝疾患の指標とすることです。数値が大きいほど広くされているか、より障害重度でもあります。肝硬変...

≫続きを読む

猫の肝臓【吐くのは何が良くないの?】

9歳になる猫が、この前の日曜日の朝までよくそういつも水餌トイレ何も変わらず過剰利用していました。朝に外出して、エアコンのタイマーを設定して、夕方に帰宅すると、猫が少し様子が変で鼻が乾燥しています。暑さもしたのだろうか?と思われる場合、水を嘔吐しました。外出している間にも、餌(毛)ナッシュの跡があった...

≫続きを読む

猫の肝臓で薬は何を選べばいい改善する?

猫たちに、一般的に使われている肝疾患治療剤を説明します。獣医から処方されると、良い薬であると信じていがちですが、実際に劇的な改善を見ることができた治療の一部だけに限られています。もちろんどんな薬でも効果があると停止する必要はありません。しかし、もし効果がないのであれば中断を含む検討することです。なぜ...

≫続きを読む