猫の肝臓数値が高い!数値を下げる方法とは?

 

猫のGPTが通常の2倍、3倍の高さ
肝臓の数値が高いのをどうにかしたい
肝臓に生れつき障害がある
空腹になると胃液を吐いてしまう
胃腸が弱く、消化がうまくできない

 

あなたはこんな悩みをお持ちではありませんか?
可愛い家族ですから、体調が悪いと心配になちゃいますよね。

 

私もオスの猫を飼っているんですが・・・
数値が高すぎてしまっていて獣医さんに

 

「これだけ高いと、もしかしたら死んでしまう可能性がある」

 

と言われてしまい、言われたその時は
ゾッと背筋が凍りものすごくショックでした・・・。

 

猫の肝臓の数値が高い原因は一体何なのでしょうか。

 

高い原因はアミノ酸不足

 

肝臓の数値が高い原因はアミノ酸が不足しているからです。
アミノ酸は猫ちゃんの体の内側で作ることの不可能な栄養成分なので、ご飯でフォローすることが必要です。

 

しかし、肝臓が良くない時は消化が簡単ではないので、効率良く栄養を取ることが困難なんですね。
そんなときは、栄養補助としてサプリメントで補う状態にすると消化が効果的に可能なので、無理なく栄養を摂取が行なえるようになります。

 

サプリメントを利用する際には、アミノ酸たっぷりのものをチョイスするようにすると数値が下がり易くなると言えますよ^^

 

アミノ酸(BCAA)が豊富なサプリメントを

 

猫の肝臓数値が高い原因を乗り越える方法は、
「BCAA」というような分岐鎖アミノ酸がふんだんに盛り込まれているサプリメントを与えるようにすると数値減少に効果が期待できます。

 

数値が高い原因は血液中のアミノ酸が減ることによって数値(GPT)が高くなるので、
アミノ酸(BCAA)を意識的に吸収することで数値を低下させることを可能にするため、良くなるということなんですね。

 

この他にもBCAAを摂りいれることによってお年寄りな猫でも寿命が延びるなど、BCAAは健康管理にもホントによろしいとされているアミノ酸なんです。
毎日の生活や食事がよくなることを通して、ネコちゃんの具合いも改善し良くなってきますよ。

 

アミノ酸を多く含む評判のいいカナガンキャットフード

 

このフードは、アミノ酸に加えて野菜の風味と高水準の栄養価が濃縮されており、野菜が持つビタミン・ミネラル・食物繊維といった栄養成分を効率良く取り入れることが可能となります。

 

肝臓の数値が割高なネコちゃん、消化吸収で胃に負担が加わりやすい10歳強の猫にも望ましいと言えますよ。

 

カナガンキャットフードは、人間でも食べることができるレベルの高い素材を入念に選んで考慮されているので、猫の健康を、第一に考案した飼主さんから注目されているキャットフードです。
あなたの猫ちゃんの数値が改善して、ストレスなく好調になると良いですね^^

 

⇒ カナガンキャットフードの詳細はコチラをクリック!

 

管理人イチオシの肝臓数値を下げるキャットフードランキング

とても大切な存在の飼い猫にあげるキャットフードですから、カナガンキャットフードのようにすべての原材料にまで気を配った商品を選びたいですね。
基本的にイギリス産のものを使用しているようで、安心感も抜群です。

 

GPTが高め、食欲がない元気がないネコちゃんに最適です。カナガンキャットフードは体の機能が低下している10歳以上の猫にもおすすめですが、体を作る幼少期の子猫にもおすすめなんです。
猫を大事に想う愛猫家のサポートをしてくれる安心安全な猫用サプリメントの決定版。

 

⇒ 1位のおすすめフードの詳細はこちら

 

  1. 人間が食べられるものだけで作っている
  2. 人工添加物は使っていない
  3. 製造している工場は国際規格クラスA
  4. 動物栄養学者考案のレシピ

シンプリーキャットフードもカナガンとほぼ同様のコンセプトで作られています。なので安全性については、問題なさそうです。
猫にとって必要な栄養素、必須アミノ酸などがバランス良く配合されています。
便秘に悩む猫ちゃんの為に2種類の「オリゴ糖」配合でお腹に優しく便秘を解消してくれます。通常、便秘解消や毛玉ケアのキャットフードは繊維質が多く含まれています。

 

⇒ 2位のフードの詳細はこちら

 

猫の健康をモットーに作られたプレミアムキャットフード『ジャガー』。肉と魚をふんだんに使用し、動物性タンパク質が80%以上の高タンパクフードになります。
ジャガーキャットフードは高たんぱく・高脂質・穀物不使用の非常に優れたフードです。肉材料の使用料は80%、たんぱく質の量も40%とカナガン以上の高たんぱく食で、特に成長段階の子猫にあげてほしいフードです。
猫ちゃんにとって消化しやすく体や骨を作る成長期の子猫から消化能力が衰えてきたシニアまでおすすめできるんです。

 

肝臓にもいいんですが、こちらもお値段がネックですね。モノはいいんですが私は一度しか買いませんでした。

 

⇒ 3位のフードの詳細はこちら

 

 

私のネコも数値を下げることが出来ました

私が飼ってる猫もALP、AST、ALT、γ-GTP数値すべて下げることができました。

 

 

カナガンキャットフードは、吸収が非常にしやすくアミノ酸が配合されたフードです。
水溶性食物繊維等、野菜の良い成分をバランスよく配合しているため、野菜をうまく消化することが出来ないネコちゃんにぴったりな栄養食品でしょう。

 

カナガンキャットフードを摂りいれることによって、肝性脳症や低たんぱく血症、炎症性腸炎等ほぼ全部の病気からペットを防衛することができることになります。
肝臓から元気になるからこそ、ペットの長寿、丈夫にもなってしまうんですね。

 

カナガンキャットフードは人間でも食べることができる厳選された素材がブレンドされており、ペットの身体を丈夫にしてくれる作用が多くあるんです。
活用している素材はすべて人間も食べることができるものに選び抜き、猫が本当に欠かすことができない栄養成分だけにこだわり抜いたお陰で健康で安全なキャットフードが生まれているとのことですね。

 

始めたばかりの頃は「フードだけで改善できるの?」と半信半疑ではありましたが
間違いなく下がってくれたため、現在では信用して一年を通じて与えています。

 

数値を低くするのに薬を飲ます方法もありますが、
抵抗感があるというのならばまずチャレンジしてみるべきです!
それからでも遅くはないだろうと断言できます。

 

ぜひ、皆様の愛猫が助かりますよう心から祈ってます。

 

⇒アミノ酸を多く含むカナガンキャットフードはコチラ